リニューアルオープンしました


by honeyrecords

<   2004年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

多田由美についての考察

b0032046_2081645.jpg


 多田由美のマンガはアメリカの香りと、不安定な人間と、優しさ、痛さ、美しさのぎゅっと濃縮された異次元世界。

 厳選された少ない線と、音のならない(そう、多田マンガにオノマトペは存在しないのです)静かな空間、説明のない台詞回し、映画のようなカット割りがいつもいつでも私を魅了するのです。

 華奢で繊細な少年、グラマラスでセクシーな女性、頼りなくて可愛げのある中年男、いつも怯えていて切ない表情をする子ども達。全員しゃくれているという噂もチラホラなのですが、最近画風がちょっと変化して線に丸みが加わり、美しさに磨きがかかりました。

 描かれる物語のテーマはいつもほぼ同じ。出てくる人間関係はほぼ同じ。二人の少年の友達以上恋人未満、総じて恋人以上の友人関係が描かれている。片方の少年にとってもう片方の少年は神として君臨している。(多分それをラブと言うのだ)その二人に起きる事件が変わっていくだけで、描かれるテーマは不変で不動である。
 本人もこのように書いている
「いつも同じテーマを書いている。でも、読者はともかく、私はぜんぜん飽きていない。
 登場人物の精神的欠陥は、即ち私自身のものである。潔癖で、暴力的で、セックスレスで、マザコンで、嘘つきで、自己中心的で、オタクで、それから……。」

 彼女は天才だと私は確信している。彼女のマンガにはゴッホやエゴンシーレやクリムトと同じ香りが漂っている。切ない優しい狂気という名の凶器。
彼女の心の柔らかさは本人のホームページの日記からもわかる。彼女は多分に正直者で、多分に強迫観念に駆られており、いつでも自分を理解してくれる人を求めている。彼女の日記は痛くて美しい。作品もしかり。

 登場人物にはどこかで見たことのある人も沢山出ている。アクセル・ローズよりも美しいアクセル・ローズ、ジョニー・ウィンターよりも美しいジョニー・ウィンター、セバスチャン・バックよりも美しいセバスチャン・バック、他にも80~90’Sアメリカンロックファンにはたまらない人が登場。ロックファンには絵を見るだけでも楽しめる。

 カラーページの美しさも抜群。マンガ家の画集を買うなんて無意味だと思っていたくせに、多田由美画集を取り寄せで購入しちゃったよ…。でも画集を買わなくったって、本人のホームページで沢山のイラストが発表されているので一度ご確認を。

 最後に「ストップ!ひばりくん」他、多数の名作を持つ、原稿を落とすことで有名な御大江口寿史大先生の名キャッチコピーで閉めさせていただくことにいたしますぞえ。

「タランティーノだウォン・カーワァイだのと言う前に日本の多田由美を読みなさい!」

名言であります。
[PR]
by honeyrecords | 2004-10-21 20:04 | ロックな漫画
b0032046_2011031.gif


 エッジのきいたシャープな絵と、ひとくせある登場人物が沢山。
 優しすぎて、傷つく多感な年頃の男同士の友情を描かせたら
右にでるものナシ!
 彼女の漫画は多分に小説的で、村上春樹なんて、彼女の作品の
影響受けてるんじゃないの!?ってな疑いまで持ってしまう
始末(私だけかしら?)。
 映画の名シーンのような、印象に残るシーン、台詞がてんこもり。

 彼女のSFものはひねくれていてウィットに富んでいて、
大人のための御伽噺っていう感じ。
 彼女の学生バンドものは、夢のような憧れの物語ではなく、
少女達がこんな学生になりたいと夢見る作品というよりも、
大人になってから、学生時代の揺れ動く感性、将来への漠然とした
不安を思い出してひたるっていう、作品だと思う。

 ただ、ひとつ難点は女性に魅力がないというか、(彼女の
漫画には、女性出てこないものも多い)色気がないと
いうか・・・。妙に骨太でごつい。
 セリフにしたって、大切なセリフは全て男が言う。
 心の琴線に触れるセリフを担当させていない。
 全ての女性(はてしない端役を除く)、豪胆なふりをして、
卑屈で根暗だ。作者は女性に嫌悪感を抱いているのかな?
なんて、勝手に推測してしまったりする。

 その分、男子達は、大人と少年の境目にある、えもいわれぬ
フェロモンをかもしだしています。華奢で細い線で
スラリと伸びたまだ筋肉のついていない10代後半の少年達は
病的なほどの美しさを持ち合わせていますが、強い視線で、
女性的とはちょっと違う、男ならではのしなやかさを持っています。
もう、絶品ですぜ。

 金持ちの貧乏人も、少年も中年も、心は少年のままのとっちゃん
ぼうやばかりです。そして誰もが明日の自分を見つめていて、
恋愛のために死ねるとか、誰かとキスしてときめいてとか、
自分をうっちゃって君を守りたいんだ等、少女漫画の王道といわれる
甘い感情は皆無。少女漫画家的にはどうかという話も出てくるって
ワケです。大衆受けからちょっと外れてしまうワケですな。

 多田由美と同じく、男友達2人の人間関係が大抵物語の
軸となっています。絶対的な神として存在する片方と、支配
されるもう片方。しかし、他の少年期から大人にかけての
一番美しい瞬間を描いた漫画作品と決定的に違うところは、
どちらも大人になり自立していくということ。必然的に青春時代は
過去になり、2人は大人になることによって、離れ離れになります。

 吉田秋生のバナナフィッシュや、カリフォルニア物語、竹宮恵子の
風と樹の詩では片方の死がもう片方の青春時代の終わりの
メタファーとして使われるのとは違い、また、多田由美の漫画の
ように、いつまでも大人にならず、いつまでも時間の停止した
空間を漂う半永久的に続く少年時代を切り取った物語を描くのとは
違い、リアルすぎて認めたくない青春時代が私達の青春時代と同じ
ように、突然終わりを告げるのです。

また、特筆すべきは登場人物の多さ。端役の個性。もう、
誰がいったい主役なのかという程の自己主張をするのです。
その魅力的なことといったら…。
[PR]
by honeyrecords | 2004-10-21 20:03 | ロックな漫画

萩尾望都についての考察

b0032046_20143590.jpg


b0032046_20151617.gif


多田由美、森脇真須味がマンガ家内でのみ評価が高いような、なんか難解な存在なのに対して、萩尾さんは、男性マンガでいう、手塚治虫のようなカリスマ的な存在に君臨している。
 少女マンガっていったら、恋愛ものっていうイメージが強くて男性には敬遠されがちかもしれないけれど、彼女の作品は文学性が高く、スケールの大きさは宇宙規模です。彼女のSF作品は小説なんかよりもずっと、刺激的で映画なんかよりもずっとリアルです。少女漫画でしか描けないSF世界っていうものの創始者なんだろうなと思います。
 画風は多田、森脇がシャープなラインなのと対照的に柔らかくて優しい線で描かれていますが、女性に魅力がたりないのは前者と同様。女性は柔らかいラインを出したいのはわかるけど・・・ぽっちゃりしすぎています。
 また彼女の作品は事故前事故後に大きく体分され、事故前は生き急ぐカート・コバーンやジミ・ヘンのように、とりつかれたように高尚な物語世界を作り出していましたが(そう、何かの使命に燃えるように!)、事故後は自分の趣味の世界のバレエや、軽いコメディタッチのSF等、まぁ、楽しいけど、人生観かえるような大作は避けるようになりました。
 私は事故後のバレエものもいいかげんな感じがして大好きですが、やはり、事故前あたりの作品が、絵、物語、の完成度が素晴らしく大好きです。
しかし、初期の私が生まれる前に書かれた作品などで、彼女がマンガ雑誌の隙間を埋めるために描いた短編なども、すごい説得力があり、多分出版社が
お題を決めて描かせているんだろうけれど、ちゃんと自分なりの世界観に昇華されており、かなりおもしろいです。得意分野じゃない分野を描いておもしろいっていうのが本当に彼女のマンガの実力のすごさを感じさせます。
 多田由美や森脇真須味はスポコンとか学園恋愛を描けるとはどうも思えないですし・・・(でも、また、そこがすばらしいのですが・・・)。

 結論としては多田由美は日本マンガ界のジョニー・ウィンター(すばらしい実力と業界内評価の高さ、作風の一徹さ、病気度、変人度、かつ漂う南部臭)である。森脇真須味は日本マンガ界のバウハウス(一部の人に熱烈に評価される、ソリッドな感じ、作風の暗さ、病気度、変態度、かつ漂うUK臭)である。そして萩尾望都は日本マンガ界のビートルズくらいいってるんじゃないのって思うわけです。

 しかし、本人はとってもかわいいミーハーおばさんで、BSマンガ夜話の岡野清明「陰陽師」の会にゲスト出演し、単行本の好きなシーンに大量のふせんを貼り付け、このページのヒロマサの表情は・・・だの、うっとりと語っていました。イイカンジ。
[PR]
by honeyrecords | 2004-10-21 20:02 | ロックな漫画

風と木の詩/竹宮恵子

b0032046_20335881.jpg

b0032046_20295469.gifボーイズラブの始祖竹宮恵子の問題作。
 おもしろすぎます。
 重すぎます。
 画風がザ・キングオブ少女漫画です。
 セリフ回しがいけすぎです。
 たいてい、少年が出てくる問題作は大好きです。
 美少年の死がお約束。
 そんなルールをつくったのもこの竹宮恵子に他なりません。
 これを読まないと大人になれません。
 そんな作品。
 ジルベールの行動は、冷静に考えると気が狂っているとしか
いいようもないし、冷静に読んでしまうと、ひどいストーリーなんで
すけどね、頭の中を少女漫画モードに切り替えて読むと、彼はなんて
高潔で美しく、高みに咲く大輪のバラなのです。
 どうぞ、少女漫画モードに切り替えて読んでください。
 はまりすぎてモード切替がきかなくならないように注意。
 耽美派で、学校や職場に行ってしまっては、イってル奴扱いされかね
ませんからね。
[PR]
by honeyrecords | 2004-10-21 19:59 | ロックな漫画

NANA/矢沢あい

b0032046_20194085.jpg いわずと知れた、2003年現在、少女漫画界の頂点に
たっている、有名漫画家。
 上記の2人の作家が、身も心もロックな人間なんだろう
なぁ。と思わせる作品を描いているのに比べ、矢沢さんは
ファッションアイテムとしてのロックを、見事に紙面に
描ききっている。
 現在は林檎とイエモン吉井に夢中というのが、作品中に
にじみ出ている。過去の矢沢さんの音楽遍歴は世界の
矢沢永吉(永ちゃん最高!大好き!)、ドリカム、ジュディ
ー・アンド・マリーといったところと思われる(違ってたら
ファンの皆様ごめんなさい)。
 決して、コアな音楽ファンでないからこそ、絵空事の
本当にかっこいいバンド物語が描けるのだなぁ。と痛感
させられる作品。
 ぶっちゃけ、ビビアンとピストルズしか作品中に音楽の
メタファーとして出てくるものはない。
 しかし、登場人物のいかにも、かっこいいロッカーぶり、
お洒落なファッション、ナナは、まさしく、少年少女が
胸躍らせるロックが集約されている、素晴らしい漫画。
 ストーリーも、展開がおもしろく、これぞ、プロ!!!
主人公奈々(パラキスなら紫)が年頃の女の子達の、
揺れ動く心を代弁し、脇を固めるナナ、蓮(ジョージ、
美和子etc・・)が、女の子達の憧れを体現していると
いう、隙のない物語・・・。次の巻が待ちきれない、私
なのであります。
 私は絶対に読んでも
ハズレはない作品としてNANA(パラキスも)をあげます。
もし、この作品を読んでいないなら、是非一読を願い
たく候!
[PR]
by honeyrecords | 2004-10-21 19:59 | ロックな漫画
b0032046_20245410.jpg乾いた世界観。あっさりした、感情の人間達。ゴージャスな生活。
 次々と巻き起こる、いい加減な大事件。
 読みきりシリーズのシャトル公爵もの。
 美形しか出てこない、少女漫画の極み。
 スタイリッシュな会話。
 かたよった感情を持つシャトル公爵夫人の魅力満開の前半。
 粒揃いのキャラが巻き起こす人間関係模様を描き出す後半。
 どれもこれも、程ほどにおもしろくて、夢中になります。
 疲れの来ない、考えさせられない物語。
 硬いラインで描かれた繊細な顔をした美形の登場人物達。
 なんてすばらしいマンガ。
 なんてどうでもいいマンガ。
 皆もっと名香さんの作品を読んで乾いた人間になればいい。
 こんな風に生きたい。なんか知らないけど必ずあっさりうまくいくし。
[PR]
by honeyrecords | 2004-10-21 19:58 | ロックな漫画

綿の国星/大島弓子

b0032046_20211271.jpg 女の子の柔らかい感性をそのまま作品にしたのが大島作品の素晴らしさ。
清純で、純真無垢、かつ惨酷な処女漫画の極致です。
 その中でも、名作中の名作「綿の国星」。おそろしいほどの美しい日本語と、かわいらしい絵で、けっこう惨酷な物語を書きますね、大島センセ。
 動物番組のVTRで犬にしゃべるナレーションを入れるのは、なんか、犬を人間に見せるためだけど、この物語は人間を猫に見せる作品。猫が見た人間世界を、チビ猫が描き出します。
人間が当たり前に感じる全てのことを、猫の視線で見ると、「リンス」も「苺」も「パチンコ」も美しく幻想的に映るのですね。すんばらしい。
大島弓子は人間とは違う視点で世界を見ている。天才です。
 こんなに柔らかな感性の持ち主だったら、人間世界で普通に暮らすのは
さぞ、痛いだろうなって、感じます
[PR]
by honeyrecords | 2004-10-21 19:57 | ロックな漫画

ベック/ハロルド作石

b0032046_20222850.jpgロック少年の夢がぎっしりつまった作品。
普通の少年に、恐ろしい才能が!
ただのアイドルおたく中学生だったコユキがミュージシャンとしても
うまくいくわ。かわいい女にもてるわ。もう、なんじゃこら。
っていう作品だけど、キャラクターの設定がすばらしく、
魅力のない人間は出てこない。また女性が肉感的で、男性誌だなぁ。
って思わせる。
誰もがこんな夢をみたい。
バンドをやってたら、こんな風に成功したい。
っていうのを作品にしてます。
個人的にはサクが大好き。かわいいよ。
表紙がアルバムジャケットをぱくっていることが多く、
たまに知らないやつだったりすると、音楽好きとして失格だって
へこまされる。やっぱり全部知っていたいよ。
好きだけど、そんなに深みがある作品ではないので、上手に書けない
なぁ。何を言ったらいいんだろ。
立ち読みするたびに男の友情とはかない恋心にときめいて、泣けてしまうん
ですけど、内容っていうか、売りっていうか、そんなにないかも。
でも、好きです。最高です。
たまに出てくるアーティストの絵がヘンなとこがおもしろいです。
[PR]
by honeyrecords | 2004-10-21 19:55 | ロックな漫画
b0032046_19202411.jpg グーニーズが子供による子供の為の大冒険活劇ムービー、いわば、
夢物語なのに比べて、スタンドバイミーは大人が子供時代を思い
懐かしむための子供による大人の為の小冒険活劇ムービーです。

 設定はどちらも同じアメリカの田舎町。グーニーズ達は立ち退き
寸前の家族を救うべく、宝探しに向かいます。もう、あくまで陽気。
とりあえず、彼らは陽気。キャイキャイしてます。いじめっこも
いじめられっこもノリ一発で発言してます。それに比べてスタンド
バイミーの少年達はそれぞれ家庭に問題を抱えており、明るさの裏
に影があります。わかりやすく言うとグーニーズの家庭は円満。
しかし外部の悪者が家族を危機にさらしている。と。スタンドバイ
ミーは家族の中の不和が彼らを不安にさせている。と。
 同じように何もない田舎町で死体を見つける少年達の物語なのに
グーニーズがまる1日で死体は見つけるわ、宝は見つけるわもう、
怒涛のジェットコースタームービーなのに対して、スタンドバイ
ミーは1日半もかかって歩きまくり、死体を見つけたけど、気分
良くないっていう現実感溢れるもの。幾多の危機もリアリティが
ありすぎて笑えないしね。

 この映画の素晴らしさは子役が演技派だってこと。ウィルウィー
トンの小鹿のような清純な容姿の影に見え隠れする影、コリーフェ
ルドマンの狂気溢れる影のある演技(こいつ、グーニーズでは、
ほんと単なるかわいい大人びた子供だったくせにあなどれないぜ。)
リバーフェニックスの少年と青年の間の危うい色気溢れる影のある
流し目、この3人だけでは暗すぎるのか、とりあえずやかましいだけ
のデブキャラが一人。このブーちゃんがいなかったら陰湿すぎて、
ここまでの名作になれなかったと思いますね。

 キーファサザーランドとかもリバーフェニックスの兄役で出演。
その容姿の透明感のあること。初の汚れ役(いや、そんな感じよ)
なのか、やりすぎなくらい悪役を力いっぱい演じています。イイ。

 最後のシーン、リバーフェニックスが立ち去る後姿が道の途中で
消え去ります。なんとも暗示的で切なくなります。
[PR]
by honeyrecords | 2004-10-21 19:16 | ロックな映画

グーニーズ

b0032046_1919065.jpg 子供の夢がぎっしりつまった大団円ムービー。

 誰もが一度は夢見た夏休み子供だけの大冒険ムービー。

 人間一度はしてみたい宝探しムービー(糸井重里並)。

 グーニーズです。名作です。

 子供の頃は、物語にパワーがあるから、矛盾を感じることなくぐいぐい
ひきこまれて夢中で見たんだけど、大人になってから見ると、物語の展開
かなり強引です。ギョッとするほど強引です。海賊の秘法を実質1日で、
手に入れてしまう幸運な子ども達。今まで生きて戻った人はいないって
設定なのに、安易に手に入ります。びっくりするくらい!

 殺人現場を目撃しギャング親子達に追われながら、近所の子ども達が
大冒険。メンバーのキャラも立っていてスバラシイ。子供の頃は主人公
のマイキーとか、クールで大人びたマウスとか、007ばりに非密道具を
使用するキーホイクアンとかに魅力を感じていたはずなんですが…、
大人になってみると主人公おデブのチャンクでした。もう、愛くるしい
ったらないぜ。おませで、人騒がせで、食いしん坊で、んでもってさ、
すっごいイイ奴。チャンクかわいいぜ。近所の喫茶店の孫の子にちょい
キャラかぶってるとこも好感もてる要因のひとつかも(彼は私の大切な
友達だからね。今もゲームボーイ本体カリパクしてる小学4年生に強引
に、ものを借りる私って大人気ないか!?)

 矛盾する台詞とかも多いけど、子ども達のごり押しの演技で、無邪気
悪魔パワーで一気に終盤までなだれ込みます。途中一切中だるみなし!
多分、もっと長い映画だったんだろうけど、子供向けだから、子供の
集中力が長く持たないとみて、カットカットでストーリーもブツ切りに
なってしまったのでしょう。

 シンディ・ローパーの主題歌もかわいい。
 小学生時代必死でファミコンのグーニーズやったなぁ。
[PR]
by honeyrecords | 2004-10-21 19:13 | ロックな映画