リニューアルオープンしました


by honeyrecords

スタンド・バイ・ミー(グーニーズと比較してみました)

b0032046_19202411.jpg グーニーズが子供による子供の為の大冒険活劇ムービー、いわば、
夢物語なのに比べて、スタンドバイミーは大人が子供時代を思い
懐かしむための子供による大人の為の小冒険活劇ムービーです。

 設定はどちらも同じアメリカの田舎町。グーニーズ達は立ち退き
寸前の家族を救うべく、宝探しに向かいます。もう、あくまで陽気。
とりあえず、彼らは陽気。キャイキャイしてます。いじめっこも
いじめられっこもノリ一発で発言してます。それに比べてスタンド
バイミーの少年達はそれぞれ家庭に問題を抱えており、明るさの裏
に影があります。わかりやすく言うとグーニーズの家庭は円満。
しかし外部の悪者が家族を危機にさらしている。と。スタンドバイ
ミーは家族の中の不和が彼らを不安にさせている。と。
 同じように何もない田舎町で死体を見つける少年達の物語なのに
グーニーズがまる1日で死体は見つけるわ、宝は見つけるわもう、
怒涛のジェットコースタームービーなのに対して、スタンドバイ
ミーは1日半もかかって歩きまくり、死体を見つけたけど、気分
良くないっていう現実感溢れるもの。幾多の危機もリアリティが
ありすぎて笑えないしね。

 この映画の素晴らしさは子役が演技派だってこと。ウィルウィー
トンの小鹿のような清純な容姿の影に見え隠れする影、コリーフェ
ルドマンの狂気溢れる影のある演技(こいつ、グーニーズでは、
ほんと単なるかわいい大人びた子供だったくせにあなどれないぜ。)
リバーフェニックスの少年と青年の間の危うい色気溢れる影のある
流し目、この3人だけでは暗すぎるのか、とりあえずやかましいだけ
のデブキャラが一人。このブーちゃんがいなかったら陰湿すぎて、
ここまでの名作になれなかったと思いますね。

 キーファサザーランドとかもリバーフェニックスの兄役で出演。
その容姿の透明感のあること。初の汚れ役(いや、そんな感じよ)
なのか、やりすぎなくらい悪役を力いっぱい演じています。イイ。

 最後のシーン、リバーフェニックスが立ち去る後姿が道の途中で
消え去ります。なんとも暗示的で切なくなります。
[PR]
by honeyrecords | 2004-10-21 19:16 | ロックな映画