リニューアルオープンしました


by honeyrecords

ぼくの魔法使い(IWGP、木更津キャッツアイと徹底比較!)

b0032046_192413.jpg すごいよ。設定。信じられない。ひどい設定。
 すごいよ。キャスティング。信じられない。ひどいキャスティング。
 ドラマとして成立しえない設定に、ドラマとして視聴率をとれる人気スターを出していないキャスティング。なのにぶっちぎりのおもしろさ。
 しかし、IWGP、木更津キャッツアイと比較すると、不自然で強引すぎる感はいなめない。
 伊藤英明と篠原涼子、古田新太が主演って、伊藤英明といえば、最近、茸でラリって、コンビニに助けを求めたっていうイメージが強すぎて使いにくいポジションにいたし・・・、篠原涼子といえば、最近は舞台で実力をつけて人気が戻ってきたというものの、ヒロインの友人役が関の山というポジションの女優だし、古田新太にいたっては、IWGPゲストキャラ木更津キャッツアイレギュラーサブキャラとだんだん格を上げていっているなって思っていたけど・・・主役かよ・・・おい・・・絶句・・・。すごいわ。すごすぎるわ。
 また、誰もがキムタクのドラマで演技力のなさを女性誌にさんざんにかかれ、CM以外で使いにくいと思っていた、ちょっと消えかけの癒し系グラビアアイドル井川遥を井川遥本人の役で出演させるという荒業をやってのけているとこにも大注目。すっごくかわいくて、ファンになっちまったぜ。井川復活なるか!?
 IWGPでは川崎真世とステッペンウルフの着メロに度肝を抜かれ、木更津キャッツアイでは哀川翔と氣志團をフューチャーしたことに腰を抜かしたけど、今回のダイフューチャーはマネーの虎、着メロは矢沢永吉ですぜ、世間の皆さん!しかも・・・あの、ロッカバラードの名曲「アイラブユーOK?」ですぜ!視聴者の世代が10代~20代を狙っているドラマで誰が矢沢の、しかも、「アイラブユーOK?」使おうと思う?ふざけてるにも程があるわい!!
 しかーし!おもしろいものはおもしろーい!
 脚本の宮藤官九郎は京都新聞で、自分は磨り減っていくタイプの脚本家だし、時代の流れにあったから指示されているので、おもしろい作品が書ける時間は限られている的な発言をしていたけど、もう、時代の流れの先をいきすぎちゃってて、おもしろいけど、世間に指示されているのか不安にならざるを得ない・・・。どうなの?世間的にはさ??
[PR]
by honeyrecords | 2004-10-21 19:11 | ロックな映画