リニューアルオープンしました


by honeyrecords

木更津キャッツアイ

b0032046_19252662.jpg 大好きドラマ。だだだだだだ大好きドラマ。
 TVガイドみたいのに、癌と戦う主人公とその仲間のドラマみたいなことが書いてあり、主役はV6の岡田。注目キャストは薬師丸ひろ子と、もう、心から興味ねー!って思っていたのに、たまたま垂れ流していたTVで薬師丸ひろ子が伝書鳩を飛ばし、「先生レズなの」とおったまげ発言!なんじゃこりゃー(松田勇作風)と思い、次の週きちんと見たら、うぉー(吉田栄作風)めちゃくちゃおもしれー!!!
 IWGPが、ストーリーの性質上からか不明だけど、ドラマを成立させる充分条件として、長瀬智也、窪塚洋介、阪口健二、妻夫木聡、等、これから伸びるアイドル俳優を多数出演させて小綺麗さを演出していたのに比べ、木更津キャッツアイは主役もV6の岡田という、ちょっと主演はるには美形だけどインパクトと人気薄めキャラで賭けに出ている上に、脇は全員がきっつい個性派ぞろい(中村獅童が大化けしたのは置いておいて)で、その上舞台となる土地が何故か木更津と池袋と比べてはるかに地味。IWGPの成功と脚本家としての人気がないとできない大冒険に出ているのに、それが幸か不幸か、効果として功績大の(くどい言い回しだわ)幸と出ていて、最高におもしろいのです。脇役はほとんどIWGPと同じなんですけど、出番もキャラもますます個性的かつ強烈!セリフの言い回しも楽しいし、なによりも斬新な、表と裏というドラマの設定!伏線の引き方も文句なく完成度は高いしすばらしいったらない!また、コマ割りのスピーディーさもますますアップ。ゲストキャラもますますおもろい。
 長瀬、窪塚、阪口、妻夫木達が映画にドラマに主役として大活躍しているのに比べて、キャッツアイ以降V6岡田くんは主演ドラマなし(多分)嵐の櫻井くんが保父のドラマで大コケとさすがコマちっちゃいのをわざわざそろえることによって脚本の素晴らしさを強調したドラマだなぁと関心させられてしまいました。
[PR]
by honeyrecords | 2004-10-21 19:10 | ロックな映画