リニューアルオープンしました


by honeyrecords

CHAINS

b0032046_1072365.jpg日和見スコープ

始まった瞬間から透明感のある音で、思わず目を閉じる。
音に身を任せてまどろむ。
なんとも気持ちのいい時間をくれるアルバム。
名声に対する欲がないのが、音からわかる。
彼らは観客動員を増やすことよりも、自分の憧れるあの音が出したいっていうことを大事にしてる。
リスナーの考えるロックって、「東京行って、有名なって、女にもてて、金持ちになって・・・」(矢沢永吉にあらず・・・多分鴨川やな)ていう田舎者のアメリカンドリームが詰まっているはず、枠の外から外れた不安定な人間が、自己表現の為に必要な表現手段であるはず。
でも、CHAINSの動機は多分ただただ音楽が好きってことだ。
クラスの最も頭のいいグループの男の子たちが、生真面目にロックと向き合ってるっていうイメージ。
そこにあるのは、音楽への愛。
そら、癒されるわ。
b0032046_10103737.gif

★過去の感想文を掲載
ラジオから流れたらさぞ心地よいであろうなと思うような声。ロックヘビーユーザーよりも、普通に恋愛して関西ウォーカー読んでレストランだ、カフェだをチェックして、ドライブして、定職について、税金払ってる婦女子に愛されそうな音楽です。素晴らしく心地良い。
1曲目がちっとも壁をぶちこわしてない「ぶちこわせ」2曲目がそれ程疾走感を感じない「モータースピード」なんですけど、アルバムが後半になるにつれだんだん素敵になっていきます。最後の曲が素敵過ぎて絶対もう一周聴きなおしてしまいます。
演奏ってよくわからないけど、とにかく音が素敵。始まった瞬間キュンとなります。ボーカリストも上手で声好きなんですけど、歌いだすと曲が停滞する感じがします。間奏が最もトキメキます。歌詞が普通で万人受けしそうです。
昨日初めて聴いたんですけど、今日仕事から帰った瞬間から聴いてます。もう5周回目に突入してます。ちゃんと聴いても素敵だけど、邪魔にならないのでながら作業にも適しています。
なんか褒めているのかよくわからなくなったけど、オススメ。とってもお気に召しました。
(2004年02月02日)
[PR]
by honeyrecords | 2004-09-26 10:17 | ★た行